750 (1).jpg

ナンガの寝袋を買うなら、
大佐山で買ってほしい。

大佐山オートキャンプ場のスタッフの仕事は、キャンプ場の運営だけではありません。

​アウトドア用品の通信販売、実店舗での接客販売、アクティビティーのガイド業務。

それら全てを「アウトドア天国」という店舗名で、スタッフがキャンプ場業務と並行して行い、毎日仕事に励んでいます。

だからこそ、キャンプ場のスタッフが販売しているからこそ伝えたい。

ナンガの寝袋を大佐山オートキャンプ場で買う安心感と、その安さ。

あと正直に言うと、なんとか寝袋の売り上げを伸ばしたい!!これです。

壊れたトランク

ところで、アウトドア天国別注モデルのナンガ寝袋、
​「アウトレット訳ありダウンシュラフ」って知ってます?

そんなスタッフの何気ない会話が、この企画のはじまりでした。

アウトドア天国で販売しているオリジナル別注モデルのナンガ寝袋、

「アウトレット訳ありダウンシュラフ」を試泊して買えるという企画です。

この商品のお問合せで一番多いのが、「快適使用温度は?」という内容。

でもそこで注意しなければならないのが、

快適使用温度=その人が快適に寝られる温度、ではない!ということ。

この企画では、2つのダウン量の寝袋を実際に使って一晩泊まって、

どちらのダウン量の寝袋が自分に合っているかを試すことができます。

​実際に使って泊まって、それから選ぶ。

ある日、早見沙織(声優)好きのスタッフが言いました。

「うちで売ってるナンガのアウトレット訳ありダウンシュラフを、もっと売りたい!」

アーニャ(SPY FAMILY)好きのスタッフが言いました。

「キャンプ場の売店に置くだけじゃ~売れないやろな。高いからな。」

湊かなえ(作家)好きのスタッフが言いました。

「オレ使ってるの化繊の寝袋なんすよ。ダウンってやっぱ良いですか。」

筋肉好きのスタッフが言いました。

「軽い。暖かい。フカフカで気持ちいい。」

森の中でのキャンプ

​訳ありダウンシュラフ試泊購入の手順

STEP1

​レンタル品で「訳ありダウンシュラフ」を選択して予約

大佐山オートキャンプ場を予約する時に、
レンタル品の項目で上記名のレンタル品を選択してご予約ください。

STEP2

2つのダウン量の寝袋を借りて、実際に泊まって使ってみる

季節に合わせて、2つのダウン量の寝袋をレンタル品としてお貸しします。
​実際に自分のテントで使って泊まってみて、どちらのダウン量の寝袋が自分に合っているかを試してみてください。

STEP3

使ってみて良かった方のダウン量の寝袋を持って帰る

実際に一晩使って寝てみて、良いと思った方のダウン量の寝袋を持って帰ることができます。
​試泊したレンタル品ではなく、新品をお渡しします。

 

ズバリ、​この企画のポイントは

ダウンの寝袋を買うことを
​決めている人に向けたもの

・大佐山オートキャンプ場の予約時に、予約に追加するレンタル品の「訳ありダウンシュラフ」の料金が、購入する寝袋の金額です。

・レンタル品で設定されている「訳ありダウンシュラフ」の料金は、2つの寝袋のうち、少ないダウン量の方の寝袋料金になっているので、多いダウン量の方を購入する場合は持ち帰る際に差額をお支払い頂きます。

​・寝比べることのできる2つの寝袋のダウン量は、季節に合わせて変わります。

この企画は、

「ダウンの寝袋を買うことは決めているけれど、どのダウン量にしたらいいか迷っている」

​そんな方に向けて考えたものなので、

“購入するかどうかを迷っている方向けではない”というところがポイントです。

壊れたトランク

大事なことなので、もう一度言います。
ナンガの寝袋を買うなら、
​大佐山で買ってほしい。

ナンガ寝袋の永久保証を受けられるのはもちろん、寝袋の破損やダウンの追加など、

困ったことがあったらキャンプに来たついでにスタッフに相談できるのが良いところ♪

聞きたいことがあったら、いつでも気軽に相談してください!

ちなみに、こんな商品も販売しています♪

アウトレット訳あり
防水オーロラシュラフカバー

 

ゆったりラクラク
​寝袋(シュラフ)保管バッグ

 

金山の焼肉のたれ